啓明学院育友会のホームページです。

 

〜国際交流委員会から〜


 10月16日(火)に国際交流委員会主催の【フランス料理と文化に親しむ会】を行いました。

 今年度、今までハードルが高かったフレンチに挑戦することにしました。講師には、ANAクラウンプラザホテル大阪、リッツカールトンホテル大阪で経験を積み、現在は≪神戸産直マルシェ≫や≪串カツ天ぷらひろかつ≫他幅広く活躍されている筒井大輔シェフをお招きしました。
 メニューは、前菜としてホタテのプロバンス風、さつまいものスープ、主菜は牛肉のステーキ マルサラソース、付け合わせとしてじゃがいものクリーム煮(ドゥフィノワ)、お店の人気メニューのアンチョビキャベツ、デザートにクレープ・シュゼットという本格的なコースを筒井シェフが考えてくださいました。
 私たちが家庭でも簡単に応用できるような、フランスの田舎料理ということでしたが、普段使うことのない野菜や調味料を使い、お店で食べるような味を堪能しました。また、試作でソース作りにかなり時間を費やしたので、前日にマルサラソース、アンチョビソースは一部の学級委員さんと用意しておきました。そのおかげで当日は予想より早いペースで仕上がり、時間に余裕がありました。

 3名の副校長先生もご参加くださり、保護者と同じテーブルで会話を楽しみながら和気あいあいと試食していただきました。保護者の方々が、自分の学年団ではない先生方と一緒に食事をするというめったにない良い機会だったと思います。