啓明学院育友会のホームページです。

 

聖書に親しむ会 バスツアー


 11月22日(木)に聖書に親しむ会のバスツアーを行いました。今年は、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館へ参りました。参加者は94名でした。

 

 今年度のバスツアーは例年よりひと月遅い11月の開催となり、すっかり朝夕は肌寒く、また当日朝は小雨の降る中の集合となりました。三宮を9時ごろに出発し、10時15分に大塚国際美術館に到着しました。美術館は鳴門の海のすぐ近く、地下3階地上2階の大変立派な建物でした。

 午前、午後に分かれて半数ずつガイドの方の説明を聞きながら数点の作品を鑑賞しました。まずは圧巻のシスティーナ・ホール。とても壮大で美しいホールで、皆さんも感嘆の声を漏らしていました。その後ヴィーナスの誕生やダ・ヴィンチの最後の晩餐、モネの大睡蓮などよく知られている作品を鑑賞しましたが、ガイドの方の解説を聞きながらの鑑賞は、初めて聞く話も多くあっという間に時間が過ぎて行きました。

 

 昼食は、鳴門グランドホテルにて鯛しゃぶ御膳を頂きました。お刺身や、茶碗蒸しなどもあって大変美味しく頂きました。あいにくのお天気だと心配していましたが、この頃には日も差して、窓からは海が一面に見え、気持ちの良い歓談の時となりました。

 

 昼食後、再び美術館に戻り、美術館前で記念撮影を行いました。その後後半組はガイドの方の解説付きツアーへ。それ以外の方は、ゆっくりと作品を鑑賞したり、カフェでお茶を飲んだり、ショップでお土産を購入したりと自由に過ごされていました。1000点以上の作品はどれも素晴らしく、現地に行かずともオリジナルの作品を一同に体験できる貴重な展示でした。あまりに広く展示が多いので、今回のツアーだけでは全てを鑑賞することが出来ませんでしたが、またゆっくり来たいという保護者の方もたくさんいらっしゃいました。

 

 15時30分に美術館を出発し、途中淡路ハイウェイオアシスにてお土産を購入したり、休憩をし、18時10分頃三宮で解散しました。

 

 小嵜先生には今年度もこのような素晴らしいツアーを企画してくださり、感謝申し上げます。