啓明学院育友会のホームページです。

 

~聖書に親しむ会より~


聖書委員会より、一学期の活動報告をさせて頂きます。

 この会は、聖書科の小嵜先生を中心に行われ、今年で19年目を迎えました。来年は

20周年イヤーです♪

保護者向けに、聖書を解かりやすく読み説いて下さり、先生のお話の中や、保護者の方の感想の中から、日々の生活のヒントや感謝の思いを沢山頂いております。

小嵜先生のご尽力には、誠に感謝申し上げます。

さて、今年の年間テーマ

 「昔から受け継がれた知恵に学ぶ」から

第1回 5月16日(木)に「昔から受け継がれた知恵に学ぶ ~世界の創め、人間の誕生」と題して参加者37名とともに学びました。終始、和やかの雰囲気の中進んでいき、ティータイムでは中2の保護者の皆さんから、感想を頂きました。会終了後は、今年度の聖書に親しむ会の学級委員さんとランチ懇親会を同会場で行いました。最初は皆さん少し緊張した面持ちでありましたが、最後にはすっかり打ち解けて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

続きまして、第2回 6月20日(木)に「人類史上初の夫婦喧嘩、何が原因で、どうやっておさまった?」

と題して、学びの時を持ちました。

今年は、異例の梅雨入りの遅さで当日もすっきりとした良いお天気で、参加者は37名でした。

まずは2階のチャペルでの礼拝、本日デビューのオルガニストの保護者さまの伴奏で、讃美歌を歌いました。今回のテーマは、ドキッとするタイトルですが、お話はアダムとイブのリンゴの木のおはなし🍎

食べてしまって、産みの苦しみや労働の苦労を与えられてしまう。しかし、人間は神のロボットではない、判断する機会を与られ、禁止されていることを破りながらも成長し自分の足で歩くことが出来ると、

読み解いてくだざいました。保護者の皆さまからは、礼拝時の先生のお話で、学生の頃お母さまの朝の見送りが、自分の姿が見えなくなるまでしてくれていたというお話がとても感動、共感しましたというお声をいただきました。今回も、子供の成長を見守る親として心が洗われ、お知恵を頂きました。

次回は、第3回 9月26日です。皆さまのご参加お待ちしております。