啓明学院育友会のホームページです。

 

~聖書に親しむ会より~


9月の聖書に親しむ会について、ご報告させていただきます。 9月26日(木)の午前10時から今井会館において、今年度第3回目の聖書に親しむ会が開催されました。参加者は48名でした。 会の始めに礼拝堂で行う礼拝では、創世記4章からカインとアベルのお話をうかがいました。聞き覚えのあるカインとアベルのお話で、今回のテーマにすっと入り込むことができました。 その後場所を移して、今回のテーマ「昔から受け継がれた知恵に学ぶ 空に虹が出た!これって何のしるし?」に関して、小嵜先生がお話されました。 アダムの息子カインの子孫ノアが神に選ばれて箱舟を作り、家族とつがいの動物と一緒に大洪水から助かるという”ノアの箱舟”のお話を通して、聖書の人間観・人生観について学びました。なぜノアが選ばれたのか、虹は洪水の後に神が人間との和解のしるしとして空に置いたものであることなど、興味深いお話でした。テーマはキリスト教に沿っているものの、いつもながらの小嵜先生の軽快なおしゃべりと途中脱線しての豆知識?などを交えての面白いお話で、終始和やかなムードの中行われました。 先生がされるキリスト教の世界のお話は、とっつきにくいものではなく私たちの日常に何らかのヒントを与えてくださる身近なものです。会の最後の参加者からの感想でも、友達に誘われて来たがまたぜひ参加したい、という嬉しい言葉をいただきました。 次回は10月24日(木)です。たくさんの皆さまのご参加お待ちしています。 また今回、先生からバスツアーの日程も発表になりました。 11月14日(木)行先は大山崎美術館(京都)です。 ご案内が10月中にお手元に届くと思いますので、こちらも奮ってご参加ください。